ナウカ書店とソ連研究について

ナウカ書店は1931年に東京日日新聞の記者であった大竹博吉にyり創業されました。 その創業当時から洋書の輸入やソ連の社会主義の建設を紹介する書生を輸入及び販売してきました。 そのためナウカ書店は日本におけるロシア研究やロシア語の学習及び翻訳などに多大な功績を残してきています。 それに加え、創業者である大竹博吉はプロレタリア文学との関係も深く、徳永直や本庄陸男の作品集の出版も手掛けていました。 しかしながら、1936年に治安維持法違反として解散を余儀なくされてしまいます。 しかし、第二次世界大戦後には再び営業を再開し、再びロシアへの研究に多大な影響をもたらすことになりました。 このようにロシアと日本の架け橋的な存在であったナフカ書店は昨今のロシアへの関心の低迷さや国立大学の法人化による受注の低迷、インターネットの普及などの要因により2005年7月には破産手続きを申請することとなりました。 しかしながら、ナフカ書店は2006年11月17日に「ナフカ・ジャパン合同会社」として設立し、再度多くの人々に多大な影響をもたらしています。

ISS研究のMRMについて

国際宇宙ステーションでは宇宙の無重力空間での実験や研究がたくさん行われています。そのために施設なども用意されていますが、そのなかでMRMというものがあります。これはミニ・リサーチ・モジュールと呼ばれていますが、国際宇宙ステーションであるISSの一区画となっています。...もっと見る>>

PAGETOP