コロンバスの実験「HDEV」について

今までは我々の住む地球の姿をリアルタイムで眺めることができる特権は宇宙に滞在する宇宙飛行士のみのものでした。 しかし、アメリカ宇宙局が国際ステーションに外部のカメラを設置したことにより、リアルタイムで美しい地球の姿を見ることができるようになりました。 この実験は「High Definition Earth Viewing」、略称で「HDEV」と呼ばれる実験の一環として行われています。 この「HDEV」は国際宇宙ステーションの化学実験施設である「コロンバス」に、4台もの外部のカメラを取り付けて行われています。 その4台のうち1台は地球を見下ろす形で設置され、1台は国際宇宙ステーションの進行方向を向き、残りの2台は進行方向の後ろ側を向いています。 また、今「コロンバス」取り付けられている外部のカメラよりも高解像度でズームも可能なカメラを今後取り付ける予定となっているため、今後ますます注目される実験といえます。

ISS研究のコロンバスについて

宇宙ではさまざまな実験が行われるようになっていますが、ここで行われる実験を少しでもスムーズにできるようにさまざまな施設も用意されています。そのなかでISSにはコロンバスというものがあります。ISSのコロンバスは欧州実験棟と呼ばれています。これは欧州宇宙機関であるESAによって開発された実験等となっています。...もっと見る>>

PAGETOP